僕の人生初のチャレンジ

今年の冬に人生初のチャレンジをしました。
それは演劇です。僕は普段は目立たないタイプです。

 

休みの日はめっぽう家から出ませんし、自分から人に話かかけることもほとんどありません。
しかし今年の忘年会で劇団の1員として選ばれたのです。
もちろんはじめはやりませんと断っていたんですが、5名ほどの劇団員から猛烈なお誘いだったのでその勢いに負けて出演することになりました。

 

僕は内向的なタイプなのでアドリブはききませんし、一つのセリフを覚えるのも一苦労です。なのになぜ?と思いましたが、
やると決まったからには言い訳はできません。
毎日仕事が終わった後は1人で練習の日々に明け暮れました。
そして本番当日を迎えたのです。
ありえないくらい練習したので問題ないと思っていたんですが、本番となると失敗するかもと頭をよぎり緊張が止まりません。
楽屋で僕の出番を待つ間は今までに経験したことのない汗をかきました。
まわりにはたくさん人がいましたが、僕の頭の中は完全に一人です。
そして僕の出番が来ました。実は僕のセリフは少なく、他の出演者の方のサポートがほとんどだったので、あっという間に僕の出番は終わりました。
人生初の演劇です。
こんな体験をさせていただいて今では無理やりでも誘ってくれた劇団員の友達に感謝しています。