大人になってからの勉強は楽しい。

私は、物心ついた時から体調がすごく悪い子供だった。
今にしてみると、あれはひどい低血圧症のせいだった。

 

子供の頃はあまり勉強やスポーツをしなかった。
勉強やスポーツが嫌いだったのか、それとも極度の低血圧症のせいで、できなかったのか今でもよく解らない。

 

ただ、大人になってから自分で体質改善をするようになり、若い頃よりも多少は元気になって、
子供の頃にやらなかったことを色々とやりだすようになった。

 

まず、三十代にはいってから大学に入ってしまった。そして働きながら卒業した。
それから、色々な資格の勉強もやりだして、パソコンとか事務系とか仕事に活かせる
資格もとったりした。苦手だったスポーツもいろいろ試してやってみたりした。

 

それにしても低血圧というものは本当にひどいものです。
子供の頃はその体調は当たり前だと思い込んでいて自分は根性が足りないから頑張れないとばかり思い込んでいた。
親にも周りからもそんな目で見られていた気がする。
しかしながら、あの不調は根性などではどうにもならないことだと後でやっと気が付いた。気が付いてからは、本で調べたり医者をたよったり
食事に気を付けたり色々な事に気をつけて、いまはやっと人並みになれたような気がしている。