レアチーズ派

アンダー脱毛半年目です!

以前から通いたい通いたいって思っていて、ずっと悩んでいたエステのアンダーヘア脱毛をを始めました。

 

痛みがあるのが一番怖いのですが、予想通り一回目の脱毛は涙が出るほど痛かったです。
ただ、痛みは一瞬でしたから我慢できないほどではありませんでした。

 

二回目三回目になると痛みも薄れてきて、痛いと感じる事はなくなってきたのでよかったです。
既に通い始めて半年たっていますが、次回で4回目になります。
私が気になっていた箇所のムダ毛はほとんど生えてこなくなり、次の施術で終了です。

 

回数が余ってしまったので、他の箇所に回してもらいました。

 

体毛が薄い方は3回くらいで満足いく人もいるみたいですね。
私は6回コースにしてもらいましたが、4回で充分でした。
少し派手な下着をはいていても、はみ出る事はありませんし、処理も気にする必要がなくなり、かなり楽になりました。

 

見えないところですが、綺麗になると少しだけ自分に自信がつきますよね♪他の箇所も施術して欲しくなってきました。

圧力鍋ってすっげー!

圧力鍋って使ったことありますか?
持っていますか?
私は圧力鍋に偏見があって、なかなか踏み切れずにいました。
私の母も、なんかわからないけど、高級で何万円もする圧力鍋を持っているくせに、倉庫にしまったままで使ったことがありませんでした。

 

先日、なんでも教えてくれるいとこのおねーちゃんに、「圧力鍋でサンマを焼くと、骨まで食べられるんだよ」と教えられました。
なんやて!?さんまの骨、食べられちゃうの!?
私は子供のころは、さんまの開きが大好きで、いつもしっぽと頭以外、骨まで全部食べていました。
こりゃ買わないとあかんでしょう!と、夫を説得して高級ブランド(なのかしら?)のタイマー付の圧力鍋を購入しました。

 

アウトレットで18,000円でした。3000円超える鍋なんて初めて買ったわ。
手始めに、得意料理のビーフシチューを作りました。
固くて有名な(?)すね肉と、失敗時の保険として牛のバラ肉を使いました。
いやぁ、うんまかった!美味しかった、ではなくて、うまかった!思わずう「ん」まかった!と、「ん」を入れるくらいでした。
こりゃいける!と、今度は付属レシピにあったさんまの生姜煮を作りました。
できあがりは「火は通ったようだけど、ほんとにやわらかいの?なんかつるんとしてない?」と、思っていたのですが、骨、ばっちり食べられましたよ!
魚の缶詰ほどではないけど、ちゃんと柔らかかったです。小骨が思ったより硬かったけど、簡単にかみ砕けたので良しとします。

 

その後も、豚の角煮、根菜の煮物、煮豚と、着実に経験値を積んでおります。
そのうち、煮たさんまではなくて、圧力鍋でさんまを焼けるようになるといいなあ。ごはんも炊いてみたいな。
圧力鍋、ハマってしまいました。


初めて参加した婚活パーティー

30代も残り少なくなってきた。このままではまずい。少し婚活に力を入れることにしたい。
とりあえずそのスタートとして、婚活パーティーに参加してみることにした。
今まで参加しようと思った事もないので、勝手が分からない。とりあえずネットで検索し、いくつかの主催業者をピックアップした。
だいたい男性の方が、参加費が高い。年代によったり、求めるステイタスによっていくつかのタイプに分かれているようだ。「医者・弁護士パーティー」なんてのもあった。残念ながらこっちは普通の会社員なので、参加できない。
どの業者がいいのかはよく分からなかったので、最終的には適当に決めた。同年代の、30代の男女が集まるパーティーで、参加費は6000円だった。女性は2000円だったような気がする。
当日、東京の某ホテルの一室にが集まった。男女それぞれ、30人ぐらいいたと思う。
まずは立食パーティー開始。僕は非常に緊張してて、どうしていいかわからず右往左往した。意味なく同じものばっかり食べたりした。しかし参加者の中にはこういうのに慣れた人もいるようで、積極的に話しかけている人もいた。
このままでは何のために来たのか分からないので、頑張ってみることにした。僕と同じようにボーッと突っ立っている女性が何人かいたので、話しかけてみた。そういう感じで、自由時間が終わるまでに4人の女性と話すことができた。
1時間半の自由時間が終わり、主催者が登場。全員で別室に移動。横にずらっと並んだ椅子が2列並んでいる。ここに男女が向かい合って座り、1分ごとに移動し、全員と話すというわけだ。ここで自由時間に話した方2人のメールアドレスをゲットした。
その後一応、このお二方とやりとりは続けている。付き合いに至るかどうかは全然分からないが、何もしないよりはマシだったと思う。

 

30代で始める婚活なんてやっぱり遅いかなって思ってしまうかもしれないです。特に男性よりも女性の方がそう思っている人が多いですね。なぜかと言えば、男性は40代になっても、よさそうな人は人気が出るわけで、それよりも女性は年齢が上がるにつれて、だんだんと好みの枠から外れてきたり、今後のことを考えた男性がシャットアウトするということもあり得るからです。

 

それでは30代婚活だともう絶望的なのかといえば、絶対に無理ということではありません。これは可能性の段階での話なのですが、30代で落ち着いている人がいいという人の方がいたりもするからです。それに見た目に惹かれて、30代とか年齢は関係ないという男性もいるかもしれません。

 

ただし、こういうのはその男性をシャットアウトする条件を定めていない場合の話です。30代婚活で手ごたえを感じない人の多くはそういった人がいるかもしれない層を排除して、自分の望む社会的な身分や給与に目がいって、結局あまりものになってしまうなんてことです。失敗を減らすためにはもう少し、男性は女性を、女性は男性を見る部分を広くしておいた方がいいかもしれません。

更新履歴