レアチーズ派

圧力鍋ってすっげー!

圧力鍋って使ったことありますか?
持っていますか?
私は圧力鍋に偏見があって、なかなか踏み切れずにいました。
私の母も、なんかわからないけど、高級で何万円もする圧力鍋を持っているくせに、倉庫にしまったままで使ったことがありませんでした。

 

先日、なんでも教えてくれるいとこのおねーちゃんに、「圧力鍋でサンマを焼くと、骨まで食べられるんだよ」と教えられました。
なんやて!?さんまの骨、食べられちゃうの!?
私は子供のころは、さんまの開きが大好きで、いつもしっぽと頭以外、骨まで全部食べていました。
こりゃ買わないとあかんでしょう!と、夫を説得して高級ブランド(なのかしら?)のタイマー付の圧力鍋を購入しました。

 

アウトレットで18,000円でした。3000円超える鍋なんて初めて買ったわ。
手始めに、得意料理のビーフシチューを作りました。
固くて有名な(?)すね肉と、失敗時の保険として牛のバラ肉を使いました。
いやぁ、うんまかった!美味しかった、ではなくて、うまかった!思わずう「ん」まかった!と、「ん」を入れるくらいでした。
こりゃいける!と、今度は付属レシピにあったさんまの生姜煮を作りました。
できあがりは「火は通ったようだけど、ほんとにやわらかいの?なんかつるんとしてない?」と、思っていたのですが、骨、ばっちり食べられましたよ!
魚の缶詰ほどではないけど、ちゃんと柔らかかったです。小骨が思ったより硬かったけど、簡単にかみ砕けたので良しとします。

 

その後も、豚の角煮、根菜の煮物、煮豚と、着実に経験値を積んでおります。
そのうち、煮たさんまではなくて、圧力鍋でさんまを焼けるようになるといいなあ。ごはんも炊いてみたいな。
圧力鍋、ハマってしまいました。


更新履歴